トスの安定感を求めるなら、フェデラーのように、後ろ足をステップインせず、そのままの状態で上げるほうが、安定しやすくなります。
ステップインは身体を後ろから前に寄せるという動きが一つ増えるので、サービスが苦手な方は、安定しづらくなります。
ステップインは左腰を突き出してトスを上げた腕をキープ。
トスが定まらないならノーステップ


もちろん皆さんのやりやすいもので結構ですが、大切なのは、トスを上げた腕をまっすぐにキープしておくこと。まっすぐな腕をキープするまでが、トスだと思っていてください。
ノーステップはここから身体のひねりを使い、ステップインは身体の左側でしっかり壁を作りましょう。

NGは正面向きで、ヒジを曲げたままトスを上げること。下半身からのパワーを伝えられず、手打ちから脱出できません。トスの左手でスムーズな動きを手に入れましょう。

フェンスを横にしてトスを上げた後、
左腰が当たるように練習しましょう。
この形をきれいにできれば、安定した
スイングになります。
サービスが苦手な方は正面をを向いて
身体の前でトスを上げがちです。
これでは身体を使ったサービスの
スイングができません。

VOL5では「自分のフォームを最優先、そこにトスを上げる」を掲載しております。

【写真・文章 月刊誌「スマッシュ」 2月号より記載】
お問い合せ電話
 
Home    |    入会案内    |    スクール    |   カレンダー    |   マップ    |    スタッフ   |    リンク    |    お問合せ