テニスを続けていればいるほど打つ機会も多くなるグラウンドストローク。VOL1では、グラウンドストロークにおける体の使い方を解説していきます。
【良い例】
左肩の後ろ(肩甲骨あたり)を相手に向けるようなイメージで上体をひねります
 
ひねった上体を骨盤から戻しインパクトでは体は打ちたい方向に向くようにします 
 
フォロースルーでは手の力を抜き右手で左の額の汗を軽く拭うようなイメージで振り切ります。体重移動は右足の踵が軽く上がれば充分です

グランドストロークは体幹の回転を使い、腕はかき出すのではなく体に引き出されるように振り出すと力まず打てます。
動作は肩からひねって腰から戻し、手は最後に体の回転を追いかけるように動かしましょう。
動きのイメージは「でんでん太鼓」です。
   
【悪い例】
このようにテイクバックを手だけでしてしまうと体をひねる事が出来ずラケットが先にでてしまい、手打ちになりがちで肘を痛めやすい打ち方になってしまいます。
 
・VOL2では「体の使い方矯正方法」を掲載します。お楽しみに!


お問い合せ電話
 
Home    |    入会案内    |    スクール    |   カレンダー    |   マップ    |    スタッフ   |    リンク    |    お問合せ