今回は、ポールコーンやメディスンボールを使った矯正方法をご紹介します。体の回転や体重移動は、テニスを上達させるための重要な要素となりますので、しっかりマスターしましょう。
【ポールコーンを使った練習法】
ポールコーンを使う方法では、2人1組となりコーンよりボールを投げだし、相手にボールがノーバウンドで届くことが重要となります。体の回転をうまく投げ出す力にかえないと、ボールは途中で失速してしまいます。また投げ出した後、コーンの口が上方を向いていることが大切です。これは実際にラケットで球を打ったあとに、フォロースルーができていない人は、球が下方に向かいネットしてしまいます。
【良い例】
 

ボールを投げ出した後のフォロースルーができていると、相手までボールが届く
 
【悪い例】  

フォロースルーができていなかったり、体の回転が少ないと、ボールは途中でおちてしまう

   
【メディスンボールを使った練習法】
メディスンボールを使った練習法では、体の軸を意識しましょう。
体の中心で軸をつくり移動させながらなげます。
体の中心で軸をつくれない場合は、クローズスタンスで軸を移動させながら回る。
軸がないと下半身の移動がなく手で投げるモーションになってしまいます。この場合、下半身の力がボールに伝わらず力強いショットが打てなくなってしまいます。
 
【良い例】
ラケットで中心軸を作り、オープンスタンスで投げる練習法


体がしっかりと軸を中心に回転している
【悪い例】
下半身を使わず前のめりになってしまう
   
・VOL3では「打点について」を掲載します。お楽しみに!

お問い合せ電話
 
Home    |    入会案内    |    スクール    |   カレンダー    |   マップ    |    スタッフ   |    リンク    |    お問合せ