今回の特集3では、ボレー技術の解説をしてきます。ボレーをマスターし攻撃の幅を広げましょう。

 【POINT】
筋力で打つのではなく、遠心力を使い、ラケットや腕の重みを伝える。
まずは楽なボールにスピードと重みを乗せてみましょう。
【良い例】
【フォア】
【バック】
 
テイクバックでは後ろに引かずに上に担ぐようにしましょう。
 
インパクトはトンカチで釘を打つようなイメージで打ちましょう。
 
脱力してから腕やラケットの重みをボールに伝えましょう。
 
インパクトでは基本的に厚く当てるようにしましょう。
     
【悪い例】

 【POINT】
小手先の腕の筋力で打とうとすると、ボールに勢いがつかず、コントロールも悪く、手を傷めやすい。
【フォア】
【バック】
 
手だけで後ろにラケットを引いてしまっている。
 
インパクトで後ろからラケットが入ってしまっている。
 
手首をしゃくってしまい、インパクトで面が上を向いてしまっている。
     
上から抑え過ぎてネットしてしまう。



お問い合せ電話
 
Home    |    入会案内    |    スクール    |   カレンダー    |   マップ    |    スタッフ   |    リンク    |    お問合せ