フラットから入り、スライス、スピンを経て再びフラットへ

テニスを習いたての初心者はとにかくラケットにボールを当てて返すことを学びます。
そして、テニスの基本となるラリーのために、ボールコントロールすることをマスターしていきます。
そこで必要になるのが、ラケット面をきれいに作って身体全体で押していく「初級フラット」です。
体幹と腕の動きを一体化させて、山なりの軌道でコントロールしていくので、身体をゆっくり大きく動かしてボールを飛ばすことをマスターできます。

しかしこのショットは力を入れたり、ラケットを振り回しすぎてしまうとアウトします。ですからスイングをして、かつ、コートに入れるために、回転系のショットを覚える必要がでてきます。
人によってスライス、スピンと覚えていく回転系は異なりますが、これをマスターすることで、ボールの軌道と長さを速いスイングで調節できるようになるのです。

回転系のスイングをマスターしていれば、試合を運ぶことはできますが、それらのボールスピードは遅いので、シングルスでチャンスボールを叩き込んだり、ダブルスで相手から緩いボールを引き出すときには、回転を抑えたショットが必要です。それが「上級フラット」です。
このフラットの感覚は、押して運ぶとか、ボールをつぶすというのではなく、弾き飛ばすというイメージです。昔はしっかり腰を落としてぶつかっていかなければ、ボールの勢いに負けてしまいましたが、最近はラケットの反発が良くなっているので、ステップに合わせ、速いタイミングで引っぱたいていけるのです。
もちろん多少の回転はかかっていますが、低い弾道で突き刺さるので、相手から時間的余裕を奪えます。
これが、初級と上級フラットの違いです。ここではその違いを掘り下げていきましょう。

初級フラット
スライス
スピン
上級フラット
初級上級の違い
 
(記事・画像:スマッシュ5月号より転載しております)
お問い合せ電話



Home    |    入会案内    |    スクール    |   カレンダー    |   マップ    |    スタッフ   |    リンク    |    お問合せ