安定型初級フラット


重いブランコを押すように身体と腕を一体化させてボールを運ぶ

テニスというスポーツに親しむために、まず覚えたいのがこの初級フラットです。初級フラットは、スイングを大きくゆっくり行うので、安定したボールコントロールが誰にでも簡単!例えるなら、子供が乗ったブランコを後ろから半身で押す時のように、身体の回転と腕を一体化させてボールを運ぶように打ちます。
初級フラットの最大のメリットは、ラケット面を安定させやすいこと。一定のスイングを何度も繰り返すこともしやすく、手っ取り早くショットの安定感を得られます。また、初級フラットをマスターすれば、ボールをしっかり捕らえる感覚をつかめるので、スピンやスライスといった次のステップへの移行がスムーになりますし、初級を脱したプレイヤーにとっても、ロブを打つ場面などまだまだ使い勝手があります。初級のフラットは、レベルアップのための入り口として最適な打ち方なのです。



グリップ

厚いとスピン  薄いと上向き  最適なのはイースタン

グリップは厚すぎず、薄すぎないイースタングリップが最適です。セミウエスタンやウエスタンなどの厚い握りではボールにスピンがかかりやすくなり、コンチネンタルのように薄すぎてはボールをフカしてしまいがちです。
ラケットの面に合わせた手をそのまま下ろして握るのがイースタングリップ。手のひら感覚で面を扱うことができるグリップ。

 
グリップ
 
テイクバック

腕を肩の高さに引き弧を描くようにラケット面をセット

初級フラットのテイクバックは、腕を下から回していくのではなく、肩の高さから弧を描くように回していきます。そしてラケット面を高い位置にセットするのです。このようにボールの高さからやや上の位置でテイクバックを完了させることで、ボールをフラットに捕らえやすくなるのです。
例えばスピンショットでは、低い位置からのアッパースイングが必要ですから、サーキュラーで引いたらヘッドダウンさせていきますが、フラットではあくまで上。肩の高さで腕を引いてラケットをセットするのがポイントです。

 
テイクバック
 
スイング インパクト

体幹と腕を一体化させ垂直からやや上向きでボールを捕らえる

面を安定させることが狙いの初級フラットでは、体幹と腕を一体化させてゆったり大きくスイングします。
体の太い部分を動かすのです。一体化させるとスイングスピードが上がらない反面、ボールをフラットに捉え運んでいく感覚がつかみやすくなり、高い安定感が得られます。
 逆に腕力でガンガン振ったり、ラケット面を上に向けてすくい上げるようにスイングしては、“運ぶ”感覚がつかめません。まずはラケット面を安定させて、垂直からやや上向きでコンタクトすることに意識を集中させてください。

 
スイング インパクト
 
フォロースルー

ボールを2.3個分運ぶように押していき腕を上に持っていく

垂直からやや上向きの面でボールを捕らえたら、そのまま打ちたい方向にボール2〜3個分運ぶようなイメージで押していき、腕を体の反対側の上へ上げます。ラケットは立てて、面が体と垂直になるようにフィニッシュです。また決して速くないスイングスピードで十分に飛距離を伸ばすためには、フォロースルーを大きくゆっくりと上に持っていきましょう。

 
 
(記事・画像:スマッシュ5月号より転載しております)
お問い合せ電話



Home    |    入会案内    |    スクール    |   カレンダー    |   マップ    |    スタッフ   |    リンク    |    お問合せ