安定型初級フラット


 
ステップターン

これは体幹の回転感覚をつかむための練習メニューです。まずは肩幅に足を開き、左足を身体の左側へ振り上げます。
反動で戻ってきたところをそのまま振り子のようにクロスさせ、再び左側に開いて着地させたらた、今度は腰を落として足を一緒に体幹をひねります。グリップエンドと腰骨を一体化させて回転するようなイメージです。

 
腕と体幹が一体化している感覚
▲スイングする際と同じように、右足を軸にして左足を踏み込む。足もろとも身体をひねる時に、腕が体幹と一体化している感覚をつかもう
 

ラケット面を安定させるには、ヒジや手首の曲げ伸ばしで打つのではなく、腕の付け根を支点にして打つことが大切。このメニューでは、ペアに手出ししてもらったボールを、腕の付け根を意識して押し出すように打ってみてください。ヒジや手首を支点にして打っては面が安定しません。

 
支点の打球
▲手首を返すように打つのはNG、   ▲腕の付け根を支点にし、ボールを押し出すように打つのがコツ
 
ワントラップラリー
初心者にとって、飛距離の調整は難しいものです。それは自分の力がどの程度ボールに伝わるのかが分からないから。
そこで練習では、打つ前にワントラップを入れます。相手ボールの勢いを消してから打つので、自分の力のかかりり具合がよくわかるのです。

支点の打球

▲ミニラリーでは飛距離の調整が難しいが、ワントラップすれば相手ボールの勢いを使わないので、初心者でもラリーを続けられる。
 
ストレートラリー
オレンジボール(ロープレッシャー)を使ったストレートラリーです。このボールならストリングに食い込んだ瞬間の感覚がわかりますし、回転をかけると飛ばないので、真っすぐフラットに捕らえるトレーニングができるのです。まずは対面でストレートラリーをしてみてください。

 
クロスラリー
今度は普通のボールに換えて20回を目標にクロスラリーを続けます。
ただし、相手コートのサービスラインより深く入ったボールのみをカウントします。初級者同士でも、フラットに捕らえる感覚を大切に、大きくゆっくり身体を使うことを意識すれば続けられるようになるはずです。
 
(記事・画像:スマッシュ5月号より転載しております)
お問い合せ電話



Home    |    入会案内    |    スクール    |   カレンダー    |   マップ    |    スタッフ   |    リンク    |    お問合せ