スピード型上級フラット


スイカをきれいに割るイメージで1点に意識とパワーを集中させる

上級フラットはタイトルにもあるとおり「スパンと叩く」というもの。 グリップやスイングはもちろん大切ですが、インパクトのイメージがちゃんとできているかどうかが、一番重要なポイントとなってきます。
イメージさえあえば、上級者なら自然と身体が動くはずだからです。

ではその具体的なイメージとは、「スイカをきれいに割るイメージ」です。他の例えなら「ハエ叩きでハエをスパンと仕留めるイメージ」というものもあります。

重い力でドスンとスイカを割ってしまうと、めちゃめちゃになって食べられなくなってしまいますが、力の入れ方、叩き方が1点にうまく集中できると、きれいに割れて食べられる場合も多いのです。
まずは、このイメージを持って、少しずつショットにつなげられるようにしましょう。

上級フラット イメージ

グリップ

上級フラット グリップ

相手のボールに負けず回転過多になりすぎない
セミウェスタンがベスト

まずはグリップですが、ウェスタングリップだと回転量が多くなってしまい、ボールが遅く軌道もやまなりなります。フラットで叩く時のベストなグリップはセミウェスタン。フラットに当てやすいし、相手のボールにも負けません。

グリップが薄くなってしまうと、相手ボールに押されてしまうので、注意が必要です。
 
 
テイクバック

肩口の高さからヘッドを落とし過ぎずループを描いていく

フラットで叩くシュチュエーションとしては、甘めに浮いたチャンスボールをコートの中で叩くという状況なので、肩口くらいの高さで打てる高さに構えられるということが基本となります。
それより弾道が低いようなら、フラットは難しくなります。ループを描きながらテイクバックしていき、ラケットヘッドを極端に下げすぎないことがポイントです。

 
ボールの高さに合わせる
 
スイング インパクト

スイングは下から上ではなく右から左へ身体の前でワイパー

フラットだからと言って、ラケットスイングは「ボールに対して真っすぐに当てなければ」と思う必要はありません。高めに構えた状態からラケットヘッドを下げ過ぎずにインパクト。そのまま身体の前で右から左へとラケットヘッドがワイパーを描くようなスイングができれば良いのです。
ここで「下から上へ」と考えるとスピン過多のスイングになります。フラットに当てようとしすぎるとアウトしたり、コートに入れようと面をかぶせすぎたりするとネットしてしまうので注意が必要です。身体の前でボールを捕らえ、手の自然な動きの中でボールを引っぱたいていきましょう。

 

 
 
(記事・画像:スマッシュ5月号より転載しております)
お問い合せ電話



Home    |    入会案内    |    スクール    |   カレンダー    |   マップ    |    スタッフ   |    リンク    |    お問合せ