スピード型上級フラット



ここで上級フラットをマスターするための練習法を2つ紹介します。この練習の際いずれも気をつけてほしいことは、インパクトで面ブレを起こさずボールを真ん中で捕らえること、腕の力でねじ伏せる感じではなく、平らに当ててラケット面ではじき返すことに集中しましょう。フラットは「感覚」が大事なショット。いい感触がわかれば、身体の動きも自然とそうなってくるはずです。


一本足でうってみる

ネット越しに手投げの球出しを行ってもらう。片足でノーバウンドのボールを打ち込む練習をする。体の軸がぶれないように一番力を入れやすいポイントを探し、インパクトに集中して返そう



一本足でうってみる
 
スライス対フォアの打ち込み

クロスコートでラリーをする。一人は常にフォアの打ち込み、一人はスライスで返し続ける練習。お互いサービスラインより後ろにボールが入るようにしなければならず、サービスラインより手前ならペナルティーや失点として、ポイントを争う。


打ち込み
 
同じ高さからのスイング意識

チャンスボールを叩くというと、右足から左足への体重移動、と昔は言われていたが、ラケットが良くなった今は、なるべく速いタイミングで速いボールを打つことがポイント。また、同じ体勢、同じ高さでも、スピンとフラットを打ち分けられれば、相手にショットの的を絞られないので試合で有利に展開できる。


 
(記事・画像:スマッシュ5月号より転載しております)
お問い合せ電話



Home    |    入会案内    |    スクール    |   カレンダー    |   マップ    |    スタッフ   |    リンク    |    お問合せ